肝硬変の疑いを受け入れられるのかな?

CT診断で肝硬変の疑いが告げられた日。
病院からの帰路、頭の中を肝硬変の文字がグルグル。
このままC型肝炎の治療ができなければ、
いつか進行して怖い病気になる。
その不安は常にありました。
実際にその場面になると・・

夜の教会

 

色々なことが頭を巡り、気が付くと考えている。
でも、これという答えが出ることはなく。

気晴らしにパソコンに向かっても、
いつの間にか肝硬変のキワードで検索してます。

そして目の前には、想像以上に厳しい言葉が並び・・。
暫くは何も手につきませんでした。

6月に入ると、まず血液内科の受診がありました。
「主治医K先生に肝硬変のこと報告しないといけないんだよな・・」
そう思うと気持ちが重かったです。

診察室に入り、いつもと変わらぬ穏やかなK先生の笑顔を見ると、
それまでの不安と緊張の日々の思いが一気に込み上げてきます。

「どうですか?変わりはないですか?」
と先生に聞かれ、

「肝硬変になっちゃったみたいで・・」
私の言葉はか細く聞き取りにくかったと思います。
唐突に発した私の一言に、

「今は色々と良い薬もありますし、
これからも良い薬ができます」
K先生は変わらぬ穏やかな表情のまま仰る。

「すみません、知ってはいても・・
覚悟はできてなかったようです・・」
と言うと、

「皆さんそうです。最初は動揺しますよ。
でもね、少しずつ受け入れてくるものです。
僕の他の患者さんもそうです」
と続ける。

「そうですか?そうなれますか?」

「そうですよ。1つずつでいいんですからね。
今までチエさんもそうしてきたでしょ?
だから今までと一緒ですよ」

K先生の言葉で少し軽くなっていくのを感じます。
なので翌々日にあったS先生の受診も思ったより冷静でいられました。

診察室に入ると電子カルテで血液検査の結果を見ながら、

「他の数値も基準値内。
こうなると本当に真相を知るには肝生検しかないんですよね」
と仰る。

「先日K先生に確認したら、
血小板投与しながらなら肝生検出来ると仰ってました」
と言うと、

「それは出来るかもしれませんが、
でもそこまで危険おかしますか?
今日の血小板2万じゃないですか?」

やはり、そこは昔も今も、
血内と消内の医師の立場では見解が分かれます。

「ところで新薬はどんな感じですか?」

こういう時は話題を変えるのが賢明だと学習済の私は
一番聞きたい話題に移る。
肝生検は必要性が生じた時に考えれば良いということだものね・・・。

「年内の実施は期待できますね」
と仰るS先生に

「やっぱり先生にお願いできないですか?」
と言うと、

「前から言ってるように、ここでは、すぐには無理です。
その点あちらは(転院予定の病院)大学病院との連携が強いから、
早い実施が可能ですし、肝臓の専門医も多い。
K先生もいることだし、チエさんには必要な環境です」

S先生の言葉を聞きながら、
3年前、今いる診察室でのS先生との最悪の出会いを思い出していた。

無謀だとされたインターフェロン治療をキッカケに、
この3年で築き上げられたS先生との信頼関係を感じていました。

「あなたが希望すればいつでも紹介状書きます」
S先生は静かに仰る。

「ありがとうございます。
その時はよろしくお願いします」
と私が言うと、

「とりあえず一応1か月後に予約いれておきますが、
気持ちが決まったら電話下さい。
暑い中、取りに来るのも大変だろうから郵送しますよ」

こんな優しいS先生はじめてと思うくらいに優しい・・。

S先生、K先生のおかげで少し気持ちが楽になり、
これからの事をちゃんと考えようと思いました。

少しずつですが、肝硬変という病気を受け入れ、
向き合い克服していこうと・・・。

そしてS先生の7月の受診予約日の1週間前、
紹介状をお願いする旨を電話で伝えました。

にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です

読んでいただき
応援していただきありがとうございます。

2014年8月10日 肝硬変の疑いを受け入れられるのかな? はコメントを受け付けていません。 C型肝炎 全て表示 肝硬変